石垣島から竹富島や西表島などの離島へ行くフェリーの乗り方

Taketomi Port Ferry

  もくじ 
石垣島の離島行きフェリー
フェリー会社の比較
石垣港でのフェリーの乗り方
スマート乗船
石垣港離島ターミナル施設情報
離島(石垣港以外)でのフェリーの乗り方
離島の港の施設情報
フェリーの座席について
フェリー割引チケット
フェリーの運行状況の確認方法
フェリー利用時に注意したいこと

石垣島の離島行きフェリー

石垣島観光の目的の一つとして、竹富島や西表島などの離島観光があります。これらの島々へ行く方法は、石垣島からフェリーで行くしかありません
石垣島の周辺には、竹富島(たけとみじま)西表島(いりおもてじま)小浜島(こはまじま)波照間島(はてるまじま)黒島(くろしま)などの島々があり、石垣島と与那国島(よなぐにじま)とこれらの島々を含めて八重山(やえやま)諸島と呼ばれます。

八重山諸島地図

これら離島へ行くフェリーは観光の方だけではなく、これら島民の大事な交通手段でもあり、島民の郵便や荷物を運ぶ役割も担っています。そのためまずは島民の荷物の積み下ろしがあり、その後で乗船することになります。この光景を見ると離島に来たという非日常を感じられると思います。

IshigakiFerryTerminal

そんなフェリーは石垣港離島ターミナルから毎日定期出港しています。与那国島以外の離島へはここからフェリーが出ます。
石垣港離島ターミナルは、空港から車で約30分も離れており、その周りが石垣島の一番の市街地です。多くのホテルや飲食店やお土産屋が建ち並び、コンビニもあります。また石垣島路線バスの発着所であるバスターミナルも、離島ターミナルから徒歩約1分です。もしホテル選びで迷ったら、この周辺のホテルを選ぶと滞在中に困ることはありません。
空港から石垣港離島ターミナルへの移動手段は「石垣空港から石垣港離島ターミナルへのアクセス方法」にまとめています。


フェリー会社の比較

離島行きのフェリー会社は安栄(あんえい)観光フェリー八重山(やえやま)観光フェリーの2社あり、別々に運行しています。チケットや出発時間や欠航の判断もそれぞれ異なります。しかしどちらの会社でも運賃や所要時間は同じで、運行本数も大差ないので、利用しやすい時間に船が出ている会社を選ぶといいでしょう。
ただし波照間島行きフェリーは安栄観光フェリーしか運行していないので、波照間島に行く人は安栄観光フェリーの一択となります。

*2022年4月時点の情報

フェリー会社の比較


石垣港でのフェリーの乗り方

離島フェリー
フェリー会社は2社ありますが、乗り方は同じです。
予約は必要ありません。満席で乗れなかったという経験はありませんが、どちらも事前予約をすると予約割引があります

 1. チケットを購入 
利用するフェリー会社のカウンター(安栄観光フェリーか八重山観光フェリー)でチケットを購入します。
安栄観光フェリーチケット売り場
安栄観光フェリーチケット売り場
八重山観光フェリーチケット売り場
八重山観光フェリーチケット売り場
夏季繁忙期には多くの人がフェリーを利用します。そのためチケット購入に並ぶことがあります。券売機などはなく、カウンターの窓口で購入しなければいけません。早めに離島ターミナルへ行き、チケットを購入しましょう。フェリー会社はフェリーの出発時間の20分~30分前までに来てほしいと言っています。
安栄観光フェリーだけはチケットレス乗船ができます。QRコードで乗船でき、窓口に並ばなくていいので便利です。
各社チケットの支払いはクレジットカードや電子決済などにも対応しています。
安栄観光フェリー精算方法
チケットは往復割引チケットがおすすめです。しかしその場合は帰りも同じフェリー会社を利用する必要があるため、帰りのフェリーの時間は限られます。

 2. フェリー乗り場へ 
遅くても出発時刻の15分前にはフェリー乗り場へ行きましょう。
Ishigaki Port Boarding Point石垣港のフェリー乗り場には番号がふってあります
安栄観光フェリーの場合は、チケットに乗り場番号が書かれています。
八重山観光フェリーの場合は、カウンターの前に乗り場番号がモニター表示されています。
安栄観光フェリー乗り場情報
Anei Kanko Ferry Platform Number八重山観光フェリー乗り場情報
Yaeyama Kanko Ferry Platform Number
フェリーには15分前から乗船できます館内放送はある時、無い時があるので、時間は自分で気を付けないと乗り遅れます。また座席は自由席なので早めに並びましょう。そして酔いやすい方は比較的揺れが小さい船内後方に座りましょう。

 3. 乗船 
出発時間の15分前から乗船が始まります。フェリー乗り場でスタッフがチケットを回収します。往復券の場合は行きのチケットのみ回収され、帰りのチケットが返却されます。
Boarding船内ではお酒以外の飲み物はOKですが、食事は禁止です。ただし離島にはゴミ箱がありません。石垣港離島ターミナルの名物であるマリヤシェイクを持って行くのはやめましょう。ゴミに困ります。
マリヤシェイク
私はマリヤシェイクを竹富島へ持って行ったことがあります。ゴミ箱がないことを知らなかったので、帰るまでそのゴミだけをコインロッカーに有料で預けて観光しました。


スマート乗船

これは安栄観光フェリーのみが導入しているチケットレス乗船の仕組みです。飛行機に乗る時のように、スマホのQRコードを見せるだけで乗船できます。
夏季の繁忙期は、船のチケット売り場には行列ができます。それに並ばなくていいので、便利です。

利用方法

 1. 会員登録 
スマート乗船を利用するためには会員登録が必要です。
 2. 乗船券の予約 
ログインした状態で、乗船券の予約を行います。
行きは乗る日と船の時間まで指定します。帰りは日にちのみを指定します。
もし予約した時間のフェリーに間に合わなくても大丈夫です。変更手数料はかからず、後の便へ乗船できます。その際は、チケット売り場で手続きしましょう。
帰りは何時の便でも乗船可能です。

 3. 決済 
決済はクレジットカードのみです。その他の支払い方法は選択できません。
 4. 予約完了 
決済まで終わると予約完了です。予約が完了するとメールが届きます。
安栄観光フェリーのウェブサイトのマイページでQRコードを確認できます。QRコードは行きと帰りで2つ発行されます。

 5. 乗船 
出発時間の10分前までに直接フェリー乗り場へ行きます。チケット売り場に立ち寄る必要はありません。
フェリー乗り場のスタッフへQRコードを見せると乗船できます。なおQRコードは、キャプチャー画面でも問題なく乗船できました。
帰りは帰り用のQRコードを見せることで乗船できます。

利用した感想

チケット売り場に並ばなくていいのは便利です。しかしフェリー乗り場では紙のチケットを手渡す方がスムーズで、QRコードを読む方が時間がかかっていました。

会員登録が必須です。会員登録なしでも利用できるとうれしいですね。

Web予約だけはできません。決済が完了するまでWeb予約は確定されない仕組みで、予約だけはできません。

フェリーが欠航する場合、電話連絡を頂きました。
私が帰る日のフェリーが一部欠航になりました。欠航が決まった前日の夕方に、安栄観光フェリーから電話がかかってきました。同時刻に出航する八重山観光フェリーは運行するため、そちらのフェリーへ振替え手続きを行うという内容でした。とても親切な対応で助かりました。


石垣港離島ターミナル施設情報

Ishigaki Port Ferry Terminal

石垣港離島ターミナルには、フェリー会社の他にツアー会社や飲食店や売店やプラネタリウムまであります。これら以外にも、スーツケースも入るコインロッカーや、セブン銀行のATM酔い止めを販売する薬局もあります。

ここのツアー会社やフェリー会社では、離島ツアーを中心に販売しています。ツアーの参加を検討している人はここで申し込みや相談ができます。時間も自由に決められる完全フリープランのツアーもあり、お得に行くことができます。

石垣港離島ターミナルのツアー会社
石垣島ドリーム観光
平田観光
やまねこツアーズ
石垣島トラベルセンター

Ishigaki Port Ferry Terminal Shop

売店では、日焼け止めやマリングッズやお土産や弁当など、いろいろな商品の取り扱いがあります。離島に行くと、購入できないものがあります。必要なものは石垣島で買って行きましょう。特に日焼け止めは必須アイテムです。離島の港でも販売していましたが、離島価格でした。

Ishigaki Port Ferry Terminal Locker

石垣港離島ターミナルは、コインロッカーが充実しています。(上)写真のようなスーツケースが入るサイズもあり、これが館内6ヵ所に設置されています。ホテルをチェックアウトした後の荷物は、ここで預けるといいでしょう。コインロッカーだけではなく、フェリー会社やツアー会社でも荷物の一時預かりをしてくれます

石垣港離島ターミナルマップ
Ishigaki Port Ferry Terminal


離島(石垣港以外)でのフェリーの乗り方

Taketomi Port Ferry

竹富島などの離島から石垣島へ戻るフェリーに乗る際は注意が必要です。

 1. チケットを購入 
利用するフェリー会社のカウンター(安栄観光フェリーか八重山観光フェリー)でチケットを購入します。
黒島のチケット売り場
Kuroshima Port Ticket Office石垣港とは異なり、離島のチケット売り場にはスタッフがいない時間があります。また現金払いだけの場所もあります。石垣港で往復割引チケットを購入するのが安くて便利です。

 2. フェリー乗り場へ 
遅くても出発時刻の15分前にはフェリー乗り場へ行きましょう。
石垣港とは異なり、船が来ても館内放送はありません。自分で時間を見てフェリー乗り場へ行かなければいけません。
竹富島のフェリー乗り場
Taketomi Portまた離島の港にはフェリー乗り場に番号がふってありません。そのため乗り場は現地のフェリー会社のスタッフに聞きましょう。
2社のフェリーが同じくらいの時刻に出発する場合があります。その場合は同じような船が桟橋に並んで止まっています。船体に会社ロゴや会社名は書かれていますが、どちらが自分の乗る船かわかりづらいです。
安栄観光フェリー
Anei Kanko Ferry
八重山観光フェリー
Yaeyama Kanko Ferry
自分のチケットとは別の会社のフェリーの列に並んでいる人を見かけます。乗船時は、フェリー会社ごとに並んでいます。一方の会社だけ大勢の人が並んでいることもあるので、みんなが並んでいる列が自分が乗るフェリーとは限りません。また石垣島以外の離島へ行くフェリーの場合もあります。必ず自分のチケットのフェリー乗り場を確認しましょう。
フェリー乗り場を間違っている人のために、フェリーの出発前に声をかけてくれるスタッフもいますが、そうではないスタッフもいます。チケットはフェリー会社で異なるため、乗れなかった場合はチケットの買い直しになります。返金もしてもらえません。

 3. 乗船 
出発時間の15分前から乗船が始まります。フェリー乗り場でスタッフがチケットを回収します。

離島の港の施設情報

黒島港お迎え風景

離島の港は、石垣港離島ターミナルほど大きくはありません。そのため施設も限られます。(上)の写真は黒島のフェリーターミナルです。およそ車2台分の大きさです。

観光においては、コインロッカーやトイレの有無は気になるところではないでしょうか。また離島にはゴミ箱が設置されていないので、ゴミ袋を持って行く必要があります。

離島の港の施設情報比較
Port Facility


フェリーの座席について

運航中のフェリー

フェリーの座席は自由席です。船にもよりますが、船内席と船外席があります。絶対に船内席に座りましょう。船外席は風が気持ちよさそうですが、高速船なので波しぶきがかかり、エンジン音がうるさくおすすめしません。このような状態を数十分から1時間耐えなければいけなくなります。

船外席
Outside Seats

船内席
Inside Seats

また船酔いする人は事前に酔い止めを飲み、船内の後方座席に座りましょう。船は前方が揺れやすいので、後方座席がおすすめです。海の状況によりますが、10分くらいで到着する竹富島行きを除き、フェリーは揺れます。ジェットコースターのようにお尻が浮くほど揺れる時もあります。

酔い止めは石垣港離島ターミナル内の薬局で売っています(ただし土日祝日は休み)。また市内や空港館内にはドラッグストアがあり、そこでも購入できます。離島からの帰りの分も石垣島で買っておきましょう。


フェリー割引チケット

フェリーには割引チケットがあるので、活用しましょう。フェリー会社は2社ありますが、どちらも割引チケットの内容や割引率は同じです。
一番のおすすめは、フリープランのツアーを利用することです。往復のフェリー代と離島でのレンタサイクルや水牛車の乗車券などがセットになってお得です。フェリーの時間も自由に選べるので、ツアーというよりはパッケージチケットです。離島ごとにいろいろなプランがあり、トータルで一番お得に行けます。

ツアー情報は離島ごとに(竹富島西表島波照間島黒島)別ページで紹介しています。

往復割引チケット

安栄観光フェリーチケット

離島のチケット売り場は、人がいる時間が限られていたり、現金払いのみだったりします。そのため石垣島で往復チケットを買って行くことをおすすめします。
2社共に往復割引チケットがあり、どちらも約5%の割引になります。帰りも同じフェリー会社しか利用できませんが、どちらのフェリー会社も運行本数はほぼ同じです。
有効期限は安栄観光フェリーは14日で、八重山観光フェリーは有効期限はありません

 購入方法 
このチケットは石垣港離島ターミナルのチケット売り場で購入できます。安栄観光フェリーの場合は、Webサイトから予約購入もできます。

 使用方法 
安栄観光フェリーの場合は、(上)写真のように2枚綴りになっています。フェリー乗り場でチケットをスタッフに渡すと、行きのチケットが回収され、帰りのチケットを返却してくれます。
八重山観光フェリーの場合は、行きと帰りの分で2枚のチケットをもらえます。
Yaeyama Kanko Ferry Ticket

予約割引

Web予約すると5%の割引が受けられます。各社ホームページで予約ができます
安栄観光フェリー予約
八重山観光フェリー予約

往復割引チケットをWeb予約すると、往復割引と予約割引の両方の割引が適用されるのでお得です。

もし予約した便に乗れなくても心配ありません。キャンセル料はかからず、他の便に変更できます。そのため事前予約がおすすめです。

しかし安栄観光フェリーの場合は、Webで予約だけを取ることができません。予約と同時にクレジットカードでの決済まで完了しなければ、予約が確定されない仕組みです。

フリーパスチケット

Ferry Pass

有効期間内でフェリーが乗り放題のチケットです。1日何回でも利用できます。島めぐりをする方におすすめです。
2社それぞれがフリーパスチケットを販売しています。料金は同じです。しかし波照間島に行く方は安栄観光フェリーを利用することになります。八重山観光フェリーは、波照間島行きのフェリーは運行していません。波照間島を含むか含まないかでチケットの料金はかなり違います。

安栄観光フェリー フリーパス(アイランドホッピングパス)情報
八重山観光フェリー フリーパス(かりゆし周遊券)情報

フェリーのフリーパスの比較

 購入方法 
このチケットは石垣港離島ターミナルのチケット売り場でのみ購入できます。他の島のチケット売り場では購入できません。

 使用方法 
このチケットは利用開始日から連続で使わないといけません。その間、天候不良で欠航したとしても利用期間は延長されません
安栄観光フェリー
各港のチケット売り場でこのフリーパスを見せると、乗船券を発券
してくれます。乗船する際には、乗船券が必要で、このフリーパスでは乗船できないので注意が必要です。フリーパスを見せるだけで乗れるようにしてほしいですね。
八重山観光フェリー
このフリーパスを見せるだけで乗船できます

安栄観光フェリー割引クーポン

安栄観光フェリー割引チケット

石垣空港から東バス(路線バス)に乗ると、安栄観光フェリーの往復乗船券10%割引クーポンがもらえます。乗車する際にドライバーに言ってもらいましょう。またいつもあるとは限りませんが、バスターミナルや空港のパンフレット置き場に置いてあることもあるので、チェックしましょう。

安栄観光フェリー割引クーポンに関しては、別ページで詳細を紹介しています。

バスターミナルのパンフレット置き場
Leaflet area at the bus terminal


フェリーの運行状況の確認方法

フェリーの運行状況は、各社ホームページで確認できます。
安栄観光フェリーの運航状況
八重山観光フェリーの運航状況

運行状況は「通常運航」「欠航」の他に「未定」の時があります。この「未定」の時は注意が必要です。天候調査の結果「欠航」の判断になることもあります。離島に行くことはできても、最悪の場合は石垣島へ戻れなくなります

フェリーが欠航するのは、台風接近時はもちろんですが、冬場(12月~2月)も多いです。台風は予測できるので回避できますが、冬場の欠航はわかりません。冬場は風の影響で一部の航路は欠航する確率が高くなるようです。冬場に欠航するのは西表島上原港と波照間島です。この二つの航路は冬場は5割くらいの確率で欠航します。しかしそれ以外の航路は一年を通してほとんど欠航することはありません。

西表島は欠航しやすい上原港の他に大原港があり、こちらは冬場でも欠航しません。そのため冬場でも西表島へ行くことは可能です。また上原港欠航時には、大原港から上原港まで無料の送迎バスをフェリー会社が運行しています。


フェリー利用時に注意したいこと

フェリーにレンタカーやバイクは載せられません。レンタカーやバイクは各島で借りましょう

自転車は、追加料金を払えばフェリーに載せることができます。しかし条件があるようなので、フェリー会社に事前確認しましょう。離島にはレンタサイクルがあるので、こだわりがなければ離島で借りた方がいいです

フェリー船内にはトイレがあります。しかしフェリーは揺れるので、フェリーに乗る前にトイレは行きましょう

フェリー船内での食事は禁止です。お酒を除く飲み物はOKですが、船内に自動販売機や売店はありません

コインロッカーが無い島もあります。荷物は石垣港離島ターミナルで預けて行きましょう。石垣港離島ターミナルには、コインロッカーがあるだけではなく、フェリー会社などで荷物の一時預かりもしてくれます

濡れた衣類では乗船できません。離島で海に入る場合などは着替えが必要です

離島にはゴミ箱がありません。ゴミ袋を持参し、ゴミは石垣島まで持ち帰りましょう。石垣港離島ターミナルには、ゴミ箱が設置されています。

バリアフリー船があります。車いすでも離島観光は楽しめます。フェリー会社に確認しましょう


関連記事

石垣島ってどんな所?

スポンサーリンク

天気

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る