波照間島のおすすめ観光地

ニシ浜

波照間島は周囲約15kmの島で、有人島で日本最南端の島です。歩いてまわるには広いため、多くの人はレンタサイクルで島内観光を楽しみます
レンタサイクルで島内観光をした場合、所要時間は丸1日です。島内に点在している観光スポットをすべてまわると1日かかります。

日本最南端の石碑や、日本とは思えないほどきれいなビーチで泳いだり、波照間島のおすすめ観光地を紹介します。

  もくじ 
ニシ浜
コート盛
日本最南端の碑
高那崎(たかなざき)
ペムチ浜(星砂の浜)
サンゴの浜(ナリサ浜)
浜シタン群落(毛崎(もうさき)ビーチ)
おすすめ観光地マップ
バス観光ツアー

ニシ浜

ニシ浜

波照間島の観光と言えばココです。
まるで海外のリゾート地に来たようなきれいな海が広がります。そんなきれいな海で海水浴やシュノーケリングが無料で楽しめます。見ているだけでも癒される美しさです。

ニシ浜には、シャワーやトイレも整備されており、またビーチ近くにシュノーケリンググッズのレンタルもあります。しかし監視員はいないので注意して楽しみましょう。
また自動販売機や売店もないので、飲食物は事前準備が必要です。

  営業時間 
見学自由(無料)
  場所 
港から 自転車で約5分
マップ番号  1 


コート盛

コート盛

集落の外れにあるコート盛は、昔々、外国船の侵入を知らせる遠見台として使われていた場所です。岩を積み重ねたもので、国の史跡にも指定されています。

  営業時間 
見学自由(無料)
  場所 
港から 自転車で約7分
マップ番号  2 


日本最南端の碑

日本最南端の碑

絶好の写真撮影スポットです。有人島で日本最南端の島に来た記念になります。

  営業時間 
見学自由(無料)
  場所 
港から 自転車で約25分
マップ番号  3 


高那崎(たかなざき)

高那崎

日本最南端の碑の目前に広がる高那崎では、断崖絶壁に大きな波が打ち寄せる迫力の光景が見られます。ニシ浜などの穏やかな海とは全く違う海が見られます。
なお断崖に近づくには隆起したサンゴの岩場を歩きます。サンゴの岩は尖っているため、サンダルではなく靴で行きましょう。

  営業時間 
見学自由(無料)
  場所 
港から 自転車で約25分
マップ番号  4 


ペムチ浜(星砂の浜)

ペムチ浜

波照間島の南に位置し、日本最南端のビーチです。看板も出ていないので訪れる人は少なく静かなビーチです。しかし潮の流れが速いため遊泳は禁止されています。そのためトイレやシャワーはありません。ここは星砂が取れるので、砂浜で楽しみましょう。

ビーチ入口に案内板などは一切ないので、地図で大まかな場所を確認し、海に出られそうな茂みを入っていくとビーチにつながっています。(下)写真のような茂みの切れ目が入口です。

ビーチ入口

  営業時間 
見学自由(無料)
  場所 
港から 自転車で約20分
マップ番号  5 


サンゴの浜(ナリサ浜)

サンゴの浜

波照間島の西に位置する小さなビーチです。ビーチの砂が砂ではなくサンゴでできている不思議なビーチです。これは自然にできたもので、なぜここだけ砂ではないのか不思議です。(上)写真の白い部分が全てサンゴで、茶色の部分から砂になっています。

ここも遊泳は禁止されていて、トイレやシャワーはありません

ビーチ入口に案内板などは一切ありません。地図で大まかな場所を確認し、海に出られそうな茂みを入っていくとビーチに出られます。

  営業時間 
見学自由(無料)
  場所 
港から 自転車で約15分
マップ番号  6 


浜シタン群落(毛崎ビーチ)

浜シタン群落

毛崎(もうさき)ビーチは波照間島の西に位置し、樹齢数百年の浜シタンの木々が生い茂る小さなビーチです。

ビーチ入口には看板もなく、ビーチに続く道はわかりづらいです。地図で大まかな場所を確認し、海に出られそうな茂みを入っていくとビーチに出られます。

  営業時間 
見学自由(無料)
  場所 
港から 徒歩約13分
マップ番号  7 


おすすめ観光地マップ

波照間島の主要観光地を自転車で回ることを考慮し、地図上に上り坂の情報も記載しています。地図上のNo.1から回ると上り坂を回避でき、自転車でも回りやすいと思います。ただし集落は高台にあるため、海沿いの道から集落へ行く道は上り坂と考えてください。

また波照間島は公衆トイレが少ないので、トイレの場所も記載しています。


バス観光ツアー

石垣島と波照間島間の往復フェリー代と、波照間島でのバス観光料金がセットになったツアーがあります。効率良く観光したい方に最適です。

このツアーは石垣港離島ターミナル内のツアー会社が提供しています。ツアーへ参加する場合は、下記Webサイトや電話、直接来店して予約が可能です。

バス観光ツアー会社
安栄観光
平田観光
石垣島トラベルセンター


関連記事

石垣島ってどんな所?

スポンサーリンク

天気

ページ上部へ戻る